クッションフロアの張替えはリフォームの一括見積もりサイトで料金比較しよう

クッションフロア張替え一括見積もり

クッションフロアは衝撃吸収性に優れているので物を落とした際に、下の階に音が伝わり難くする効果や足に掛かる負担を和らげる効果も期待出来ます。他にも水に濡れても手入れがし易かったり、掃除がし易いといった形で住宅の床面として扱い易い面が多いです。だからこそ少しでも居心地の良い我が家にしようと、クッションフロア張替えを行いたいと考える人は少なくありません。中には自力でクッションフロア張替えを実行する人もいますが、綺麗に張替えを行うなら専門業者に依頼すべきです。

 

もっともインターネットで調べれば分かりますが、現在クッションフロア張替えを請け負う業者は数多く存在します。お陰で業者自体を探し出す事は、特に難しくないです。所がテレビや新聞でも取り上げられる事が少なくない事でも分かる様に近年、法外に高い料金を請求する様な悪質な業者によるトラブルが増えています。そのためいい加減な形で業者選びを行うと、料金トラブルに巻き込まれる可能性が高いので注意が必要です。

 

安心してクッションフロア張替えを専門業者に依頼したいなら、事前にきちんと見積もりを出す業者を選ぶ事をおすすめします。何だかんだ理由を付けて見積もりを出さない様な業者は、作業を終えた後に高額請求して料金トラブルを起こす可能性が高いです。見積もりを出さない様な業者は、絶対に避ける事をおすすめします。更に出来るだけ安くお得な料金で、クッションフロア張替えを行いたいなら見積もり比較を行うべきです。もっともいちいちそれぞれの業者のサイトを訪れたり、電話を掛ける等して見積もりを依頼するのは面倒だったりします。ですがネットを活用する事で、その手間を大幅に省く事が可能です。ネット上には、リフォーム一括見積もりのサービスが存在しています。なのでリフォーム一括見積もりのサービスを提供しているサイトに行って、クッションフロア張替え工事の見積もりを依頼するという方法が有効です。こうすれば1度に多くの業者の見積もりを入手出来るので、効率良く比較を行う事が出来ます。

クッションフロア張替えの料金相場

クッションフロア張替え料金

住宅の床に使われる資材の中にはクッションフロアがあります。ある程度の柔軟性を持っていて、表面の色や柄などバリエーションがかなり豊富なメリット、木製ではないので腐食しないメリット、汚れが浸透してしまうことが無いので、簡単に掃除できるメリットなどがあります。しかし、一定の年数が経過してしまうと経年劣化を起こしてしまいます。表面が変色してしまったり、カビが生えてしまったり、洗剤を用いても取れない汚れが目立ったり、隅から剥離してしまうことも想定できます。このような際にはクッションフロア張替えを行うことが最も適切で綺麗にすることができますが、料金相場を把握していないと依頼した施工店がお得なのか損をしているのかを判断することができません。

 

まず、前提としてフローリングと比較した際には素材そのものが低価格です。糊で簡単に施工できるので、ネジ打ちや釘打ちも必要ありません。軽量素材で柔軟性があり、尚且つ薄い素材でもあるのでカッティングしやすいという特徴があります。このことから床材としては低料金にて施工できるものですが、例えば6畳の部屋の料金相場では約38,000円から42,000円程度になることが多いものです。この範囲に収まっていればまずは問題が無いと考えることができますが、実際にはもっと安く施工できる会社は存在しています。用いるクッションフロアの品質やメーカー、選ぶ商品でも違いは出てきます。ただし、水周りのスペースに施工する際にもクッションフロアは全て防水性が高いものなので別途料金が発生しないという魅力はあります。

 

シーリング工事を必要とすることもありますが、クッションフロア張替えでの料金相場をもっと低くしたいと考えている人であれば、今ではウェブサイトを使うこともできます。クッションフロア張替えはリフォームに該当するので、リフォーム系の比較サイトなどを利用すると必然的に最安値で施工することは十分に可能です。

クッションフロアの交換時期

クッションフロア張替え交換

クッションフロアはフローリングに比べて柔らかいので、足への負担も少なく済むものです。また柔らかいことから傷んだりしにくいと感じてしまいますが、実際にはある程度の期間が経ったら交換することが大事です。クッションフロアはビニール製の床材であるため、長く使っていれば当然劣化します。それを把握しておくことで、いつ交換すればいいかおおよその目安をつけることができます。一般には10年程度が交換時期の目安とされていますが、交換のサインを知っておくことも大事です。

 

交換時期のサインとして、つなぎ目に注目することがポイントの一つです。クッションフロアは接着剤などで床に張り付けているので、それが弱くなってくると簡単にはがれてしまいます。部屋の隅などでフロア材がはがれてめくれあがっているのであれば、交換を検討しましょう。一枚物であればいいですが何枚ものシートをつなぎ合わせて張り付けている場合は、シートとシートの間ではがれてしまうと大変です。液体をこぼした時にシートの下に行き、床材に染みこんでしまうのでどのようなクッションフロアを使っているのかも把握しておくことが大事です。

 

またその他の交換時期の目安としては、大きな傷がついていたり汚れが落ちにくくなっている場合になります。小さな傷というものは何かしらついているものですが、大きな傷というものはそこからどんどんと劣化していってしまいます。そのため放置していると割れたりして、足を引っかけてけがをしたりするので注意が必要です。また新しいときは汚れが落ちやすくても、長く使っていることにより汚れが落ちにくくなります。そうなってしまうと見た目も汚くなってしまうので、早めに交換することが必要になります。交換時期は10年ほどが目安といわれますが、使用環境などによってはそれよりも早まったり遅くなったりするので自分で見極められることが大事です。そうすることで生活がしやすく、またきれいな場所で利用することができます。

クッションフロアをDIYでやる方法

クッションフロア張替え方法

室内コーディネートの変更として利用することはもちろん、床材を傷や汚れから保護したり、防音や衝撃吸収などの機能性に優れたタイプもあり、さまざまな役割があるクッションフロアは、メンテナンスや施工も簡単なのでDIYで設置することも出来ます。しかも模様やカラーのバリエーションも豊富なので、自宅だけでなくオフィスや店舗など、幅広い場面に対応可能です。

 

そんなクッションフロアですが、利用するならば専門の業者に依頼しても良いのですが、自力での施工も可能です。自力で施工する場合は、施工したい個所のサイズを測定し、そのサイズに合わせたクッションフロアを用意します。そして施工したい個所に仮置きをしたら一旦クッションフロアをめくり、めくった部分の下地にボンドを塗ります。続いてボンドを塗った個所にめくったクッションフロアを戻し、刷毛などで空気を抜きながらしっかり圧着させますが、この時にローラーを利用すると便利です。あとは余分な部分をカットすれば完成ですが、一枚でなく二枚以上使用する場合は、仮置きの段階で1枚目と2枚目の目地が重なるように2枚目の位置を調整し、最後に継ぎ目の処理を施す必要があります。またボンドでなく両面テープを使った施工方法もあり、両面テープは狭い場所にお勧めで、ボンドよりも単価が安いために費用を節約できますし、ボンドに比べて施工が簡単で周囲も汚れません。

 

もっともすぐに接着するので、貼り直しができないという点には注意が必要です。それからクッションフロアは、どのようなものでも基本的にやわらかい素材で出来ています。なので重い物を長時間置いておくと凹みができてしまいます。浅いものならば時間の経過とともに自然に元に戻りますが、深いものはそのままの状態となり、完全には元に戻らなくなってしまいます。よって家具の足の下に家具用の足カバーなどを使い、直接接触しないようにしましょう。他にも家具の位置を定期的に移動させたりずらすことで、一箇所に重みが加わらないようにする方法もあります。

クッションフロア張替えのメリット・デメリット

クッションフロア張替えメリット

クッションフロアは柔軟性と安全性に優れたソフトな床材です。新しいリビング用の素材として注目されており、様々なビジュアルの製品が提供されています。木材やレンガの柄を印刷したクッションフロアもあり、実際の素材を使うよりも安価な形で床をオシャレな雰囲気に出来るのです。既に多くの個人宅やオフィス、公共施設でクッションフロア張替えの床材として活用されており、ローコストで施工が出来るのがメリットとなります。一般的な床板やレンガや大理石の材料に比べて、必要な量だけ準備が出来るのも良いところです。大量に買う必要がなく必要最小限の材料を用意するだけで良く、施工に掛かる手間も少ないのがメリットであり、要するに工事に掛かるコストが他の物よりもかなり節約可能です。

 

水やホコリや汚れに強いのもクッションフロアの特長となります。木材や大理石は見た目が豪華で、荘厳なイメージを醸し出せるのがメリットです。一方で天然の材質なので、お手入れが大変なのがデメリットです。水やホコリや激しい汚れが付いた時、綺麗にするのが大変であり、メンテナンスには細心の注意が要ります。新しい素材なので柄や色や形、サイズなどが豊富なのがクッションフロアの良い所であり、既存の物から張り替える事で自分らしいお部屋に簡単にイメージチェンジする事が可能です。

 

クッションフロア張替えのデメリットですが、柔軟性がある反面、重たい家具や金属製のラックなどを長期間、置き続けるときっちりと家具の置き跡が残ってしまいます。へこむ事はそれだけ柔軟性がある証拠で、他の家具等にダメージを与えていないメリットになりますが、見た目が悪くなるのがデメリットです。空気を閉じこめる性質があり、防寒性に優れているのもクッションフロアのメリットなのですが、裏返すと無駄な熱気や湿気が籠りやすいデメリットともなり得ます。元々湿度が高いお部屋や環境だと、カビ発生のリスクに繋がりますので、少し気をつけなければいけません。